がん免疫治療という選択肢が世界で広がっている

自分の細胞でがんを倒す、オーダーメイドの治療法

がんを治療できる可能性は、以前よりもずっと高くなっています。というのも、免疫を調節する薬剤やワクチンを手に入れた現在、患者自身の免疫システムをコントロールして、がん細胞を排除できるようになってきましたからです。これには近年、進歩が著しい「がん免疫治療」が大きく貢献しています。がん免疫治療とは、体内の細胞が異物を排除しようとするしくみ、すなわち「免疫」を活用してがん細胞を退治しようというものです。


手術・抗がん剤・放射線に次ぐ第4の治療法

がんとは、正常な機能を失った「がん細胞」が体内で生じ、増殖してかたまりをつくったものです。がんのかたまりを取り除くための三大治療法に、外科手術、化学療法、放射線療法が知られています。

  • 外科手術とは、患者の体にメスを入れ、患部にあるがん細胞のかたまりを直接切り取る方法です。
  • 化学療法とは、がん細胞の生命活動を止める薬剤(抗がん剤)を投与して、がん細胞にダメージをあたえる方法です。
  • 放射線療法とは、がん細胞のかたまりに放射線を照射して、がん細胞の設計図であるDNAを切断して死滅に向かわせる方法です。

がんの三大治療法には、それぞれ利点もあれば弱点もあります。たとえば外科手術はがん細胞をすべて取り除くことがむずかしい場合があります。また化学療法や放射線療法は、外科手術で取り除けないようながんを死滅させることができるものの、正常な細胞までもダメージを受けてしまうことによる副作用の心配があります。がん細胞を退治しようとした結果、大きな副作用が生じて、肝心の患者の体力が衰えてしまうという事例はめずらしくないのです。

そこで期待されているのが、世界のがん研究者たちが取り組む「がん免疫治療」です。そもそも私たちの体では、将来がんになるおそれのある異常な細胞が日々生まれています。それでもすぐにがんにならずにすむのは、これらの異常な細胞をいち早くみつけ、それを排除する免疫細胞が誰の体のにも備わっているからです。この免疫細胞のはたらきを人為的に高めて(活性化して)、体のすみずみにひそむがん細胞をねらい撃ちするようにしむけるのが、がんの免疫治療の考え方です。自分の細胞を使うので副作用がなく、転移したり再発したがんの治療もめざすことができるのです。


「抗体医薬」の登場で進歩したがん治療

免疫を利用した近年のがん治療としては、まず「抗体医薬」を用いる治療法をが上げられます。抗体医薬とは、がん細胞だけがもつ特定のタンパク質と結合する分子(抗体)を投与して、がん細胞の増殖を止めたり、体内の免疫細胞にがん細胞を攻撃するようしむけたりするものです。

なかでも注目すべき例は、乳がんにかかった女性の3人に1人の割合で過剰にあらわれるHer2タンパク質を標的にした『ハーセプチン』です。ハーセプチンは、がん細胞に直接作用して増殖を抑制するだけでなく、体内の免疫反応を活性化させて乳がん細胞を殺す効果もあるのです。

ハーセプチンなどの抗体医薬によるがん治療は、がん細胞だけがもつタンパク質を標的にしているため「標的療法」ともよばれています。こうした標的療法は、従来の化学療法(抗がん剤)と何がちがうのでしょうか。

化学療法は、がん細胞だけでなく、正常な細胞の増殖をも抑制したり、殺したりしてしまいます。しかし標的療法はそうではありません。がん細胞だけで生じる分子を標的にすることで、がん細胞の増殖だけを抑制したり、殺したりできるのです。

また、抗PD-1抗体や、抗CTLA4抗体の登場により、がん免疫治療は衝撃的な進化を遂げています。PD-1やCTLA4とは、免疫細胞であるT細胞に結合することで、免疫システムにブレーキをかけるタンパク質です。抗PD-1抗体や抗CTLA4抗体は、このタンパク質をはたらかなくさせます。すると体内の免疫反応が活性化され、結果的にがん細胞が退治されるのです。


「樹状細胞」と「キラーT細胞」の連携プレー

これらの標的療法は、攻撃すべきがん細胞の特徴がはっきりしているケースでは、おおむね良好な治療成績を示しているといいます。しかし、患者によっては、攻撃すべきがん細胞の特徴があまりはっきりしていないケースもあります。がん細胞がどのタンパク質をもつのかが明らかにならないと、抗体医薬を用いた治療を選択することはむずかしくなります。

こうした限界を打ち破る手法として注目されているのが、世界のがん研究者たちが研究に取り組む「樹状細胞を使った免疫治療」です。樹状細胞とは免疫細胞の一種であり、その表面に樹木の枝に似た突起を多数もつことからこうよばれています。樹状細胞は、ふだん体内をくまなく巡回しながらパトロールしています。そして、ウイルスに感染した細胞やがん細胞などの異常な細胞をみつけると、それを細胞内部に取りこんで分解してしまいます。

樹状細胞のはたらきはこれで終わりではありません。樹状細胞は、異常な細胞を分解して得られたタンパク質の断片を、細胞の表面にかかげます。そして、周囲にいる別の免疫細胞に対して、「この目印をもつ細胞を攻撃せよ」とばかりに、異常な細胞の特徴を教育するのです。「抗原提示」とよばれるこのはたらきこそが、樹状細胞がもつ重要な機能です。

樹状細胞はによって教育を受けるのは、「キラーT細胞」とよばれる免疫細胞です。キラー(killer、殺し屋)の名のとおり、樹状細胞によって教育されたキラーT細胞は、攻撃すべき異常な細胞をさがしだしてそれに結合し、細胞の自殺現象である「アポトーシス」を誘導して死に至らしめます。こうした樹状細胞とキラーT細胞の連携プレーを利用してがん細胞を退治するのが、樹状細胞を使った免疫治療なのです。


がん細胞との「融合細胞」を教官役に

樹状細胞を使った免疫治療では、「いかにして樹上細胞の表面にがん細胞の目印をかかげさせ、キラーT細胞を確実に教育するか」が大きなかぎとなります。東京大学医科学研究所や久留米大学などで研究が進む「がんペプチドワクチン療法」とよばれる治療法では、患者のがん細胞がもつ数種類から数十種類のタンパク質の断片(ペプチド)を患者に投与して、これを目印に免疫細胞を教育します。

一方、より確実な教育が行われることをねらったのが、「融合細胞療法」です。この手法では、患者から取り出した樹状細胞と、同じく患者から取り出したがん細胞とを体外で融合させ、この融合細胞を患者の体内にもどします。すると、誘導細胞は教官役として、キラーT 細胞に対してがん細胞の特徴をもらさず教育するのです。

このテクニックでは、非常に強力な免疫細胞である樹状細胞を、がん細胞と融合させます。こうしてできた融合細胞は、がん細胞がもつすべての目印をつくることができ、免疫反応を引きおこす機能もあわせもっています。この融合細胞を患者の体内にもどすのです。


進化する融合細胞治療

この融合細胞療法は、もともと世界屈指のがん研究拠点であるハーバード大学ダナ・ファーバー癌研究所のドナルド・キーフ教授のチームが基礎を築き、その後日本人共同研究者により、インターロイキン12というサイトカインを併用して、免疫細胞をさらに活性化するという風に改良されてきました。インターロイキン12は、がん細胞やウイルスに感染した細胞などの異常な細胞を発見した免疫細胞が、周囲にいる仲間の免疫細胞を活性化するために放出するサイトカインの一種として知られています。

こうして改良された融合細胞療法は、日米で臨床研究が行われ、現在進行形のものもあります。また最近では、中国の名門大学の研究者からも注目されています。


がん免疫治療は世代で考えると分かりやすい

がんの免疫治療には、実は長い歴史があります。がん免疫治療のはじまりは、1970年代に登場した「免疫賦活剤」とよばれるものです。免疫賦活剤とは、体内の免疫システムを活性化させる効果をもつとされる薬剤のことです。たとえば溶血性連鎖球菌という細菌を乾燥させてつくる「ピシバニール」を体内に投与すると免疫のはたらきが活性化されるといわれます。丸山ワクチンやハスミワクチンなどもこのような免疫賦活剤に入るものです。これらは第1世代のがん免疫治療と呼べるものです。

1980年代になると、第2世代といえる「サイトカイン療法」が登場しました。サイトカインとは、免疫細胞どうしがたがいに指令を伝える目的で放出する化学物質のことで、「インターフェロン」や「インターロイキン」などがその例です。こうしたサイトカインを患者の体内に投与することで、がん細胞に立ち向かう免疫システムのはたらきを高めようというものです。

サイトカイン療法と並行して1980年代に研究がはじまったのが、第3世代となる「活性化リンパ球療法」です。がん細胞と直接戦うリンパ球(NK細胞やLAK細胞)を体外で培養してふやし、それを体内にもどしてがん細胞と戦わせるというものです。

第1世代から第3世代までの免疫治療には共通点があります。それは、免疫は活性化されるが、その攻撃対象が明確でないという点です。せっかく免疫を活性化しても、がん細胞に攻撃を集中させることができなければがんの退治はむずかしいのではないかと考えた研究者により、さらに開発は進みます。

そこで登場したのが、第4世代にあたる「がんワクチン療法」(がんペプチド療法もこれに含まれる)や、第5世代の「融合細胞療法」などの、敵であるがん細胞の目印を免疫細胞に提示して教育をほどこす方法です。

第5世代の融合細胞治療の大きな強みは、患者それぞれのがんに応じたワクチンがつくれるという点です。つまり、既製品としてのワクチンではなく、患者それぞれに合わせたオーダーメイドの治療法です。


複数の治療法を組み合わせた総力戦を

がん免疫治療の開発会社とその研究者、またがん免疫治療の臨床医の中には、副作用や体への負担が少ない免疫治療を中心に置きながら、状況に応じて三大治療である外科治療・化学療法・放射線治療を組み合わせた総力戦でのぞむことが理想的ではないかという考え方が芽生えてきています。たとえば、免疫治療によってダメージを受けたがん細胞では膜の透過性が変わり、抗がん剤の効き目が劇的によくなったという例もあります。これこそが、がん三大治療法のみならずがん免疫治療を組み合わせた総力戦ができれば、今までなかったこのような事例も増やしていけるのではないでしょうか。

 

  • 次世代免疫療法 を考える|免疫を回避する「がん」とは何ですか? 次世代免疫療法 を考える 次世代免疫療法 をこれから考えていきますが、まずは、がんとは免疫細胞による免疫システムの監視から逃れ、「がん」は自分の細胞が様々な原因で遺伝子変異を起 ➤➤➤