次世代免疫療法 を考える|免疫を回避する「がん」とは何ですか?

次世代免疫療法 を考える

次世代免疫療法 をこれから考えていきますが、まずは、がんとは免疫細胞による免疫システムの監視から逃れ、「がん」は自分の細胞が様々な原因で遺伝子変異を起し、更に遺伝子変異を重ねた細胞の集まりと言えます。「がん」は自分の免疫システムの監視の眼を巧みにかいくぐって生き延びでいるのです。

次世代免疫療法 を考える

免疫細胞の種類

人間の免疫システムは、様々なリンパ球で出来ています。科学的にがん治療法として追及していくと、どうしてもがん細胞を特定して攻撃する細胞を利用する方法となってきます。キラーT細胞にがんを攻撃させる方法が望ましいということになります。このことが大変難しいことなのです。

がん細胞の目印となるのは、細胞表面のがん抗原(特殊タンパク質)

 

がん細胞のがん抗原

樹状細胞は攻撃目標を免疫細胞に教える

キラーT細胞に攻撃目標を教育するのは、抗原提示細胞の役割です。抗原提示細胞の中で一番有能なのは、”樹状細胞”だと言われています。樹状細胞は、単球が成熟して生まれます。

この樹状細胞とがん細胞を細胞フュージョンという技術でひとつにしてみたらどうなるかという実験をして、がん細胞のすべてのがん抗原が抗原提示される可能性を狙った治療法が開発されました。

多抗原提示細胞能力を持っているということ

 

全てのがん抗原を抗原提示

融合細胞

キラーT細胞に多くの攻撃目標(がん抗原)を教える

 

融合細胞ワクチンP6

多抗原提示能を持っている

 

キラーT細胞はがん細胞を攻撃

おさらい

大学病院でしっかり臨床研究も実施

治療の流れと受け方

治療の流れと受け方 主なポイント

  • 医療機関の医師と相談し、治療同意書に署名
  • 融合細胞ワクチン用の採血等の実施とがん細胞入手の手続き
  • 融合細胞ワクチン用の材料入手から開始まで約1ヵ月から約1.5ヵ月
  • 治療は融合細胞ワクチンと免疫賦活剤(IL-12等)を投与
  • 治療スケジュールは、基本、2週間毎の投与を6回で1クール
  • 7回目以降のワクチン投与は医師と相談で継続するかを決定
  • 標準治療や他の免疫治療との併用も可能

治療の流れと受け方 治療スケジュール例

治療スケジュール例

ワクチン作成の流れと材料(IL-12とは)

Hits: 52