原発不明がん

このがんは、標準治療では治療の方法がありません。

上場企業社長のA氏も、首のしこりが気になって検査を受けた結果として癌を宣告されました。しかも原発不明で、全身のリンパや骨転移が見つかりました。

ネットで、当社の融合細胞治療を見つけてくださり、8回の融合細胞治療をお受けになりました。

既に抗がん剤治療と抗PD-1抗体の治療も受けていましたので、結果的にはご自分でコンビネーション治療を行ったということになりました。

発病前は酒量もはんばではなかったようですが、がんをきっかけにピタっとお酒は辞めて、食事も野菜中心に切り替えて徹底的な食事制限を行ったそうです。

その総合的な結果として、原発不明がんから寛解へと、奇跡的な回復をとげることができ、今では融合細胞療法の大ファンとして、また融合細胞療法と併用したサイトカイン療法のインターロイキン12の大ファンとして、お友達に広くお勧めされています。

インターロイキン12については、がん治療で真っ白になった髪が、ふたたび黒くなったということで、アンチエイジング的な作用もあるのではないかとおっしゃって、多くのご友人と一緒に、定期的にいまでもお受けています。

そんなA氏がインタビューに答えてくださいました。

(途中、画面の進行が止まるところがありますが、そのままご視聴ください)

 

https://youtu.be/STB4Nsce-lo

原発不明がん

Hits: 1