融合細胞治療とは?(その1)

がんとは何ですか?

「がん」は自分の細胞が様々な原因で遺伝子変異を起し、且つそれが免疫細胞による排除から逃れ、更に遺伝子変異を重ねたものの固まりです。「がん」は自分の免疫システムの監視の眼を巧みにかいくぐって生き延びでいるのです。

免疫細胞の種類

人間の免疫システムは、様々なリンパ球で出来ています。そして、がん治療としての免疫療法では、それぞれのリンパ球を利用したものがあります。しかしながら、科学的にがん治療法として追及していくと、どうしてもがん細胞を特定して攻撃する細胞を利用する方法となってきます。キラーT細胞にがんを攻撃させる方法が望ましいということになります。しかしながら、このことが大変難しいことなのです。

ページ上部へ戻る
Copied!