がんの標準治療と免疫療法

がんの標準治療と免疫療法の中の融合細胞治療

標準治療で使われる放射線も抗がん剤も、どちらも免疫力の低下をもたらします。ヒトのからだは、なんとか免疫を戻そうとしますが、ひどい副作用がそれを妨げるという悪循環に陥ります。そんな時には、副作用がほとんどない免疫療法が、弱ったからだを元に戻しながらがん攻撃もしてくれる強い味方になってくれるのです。そんな免疫療法ですが、調べると様々な療法があるので、どれを選べばいいか分からないというのが一般の方の感想です。当社は、キラーT細胞に攻撃目標を指示する樹状細胞系の治療法では、融合細胞治療を自信を持って一押ししておりいます。もし費用負担が可能であれば自然免疫系のNK細胞治療などと組み合わせて併用するなどの「コンビネーション治療」を考えることもお勧めです。現に、抗がん剤治療の世界でも組合せ治療が主流になってきています。(これはまた、複数の副作用対策が必要ですが…)

➤ 症例集2はコチラ

  • すい臓がん(3例UP) 肺がん (非小細胞肺がん1例UP) 乳がん (2例UP) 卵巣がん(3例UP) 頭頸部がん (下咽頭癌1例UP、舌癌1例 UP) 子宮体がん(5例UP) 肝臓がん 前立腺がん 腎細胞がん 胃がん (3例UP) 大腸が ➤➤➤

➤ 融合細胞治療 研究論文集

  • 融合細胞治療に関する学術論文 融合細胞治療研究についての日本語学術論文: 樹状細胞とがん細胞の融合細胞を用いた特異的がん免疫の誘導(最新医学1999年11月号) 樹状細胞と癌細胞の細胞融合による特異的癌免疫療法(Surgery Fronti ➤➤➤