株式会社細胞治療技術研究所|融合細胞ワクチンで個人別がん治療が可能に

 

膵臓がん | 融合細胞治療の症例

膵臓がんは、見つかりにくく、見つかった時には進行している場合が多いがんです。

手術できない場合もあり、予後の大変悪い、標準治療法の少ないがん種ですので、自ずからご自身で治療法を探さなければならず、融合細胞治療をお受けになる数も比較的多くなっています。

その中で、とても調子が良く、融合細胞治療を見つけてよかったと言って頂ける方の症例をご紹介します。

膵臓がん 症例1

膵臓がん 症例2

膵臓がん 症例3

Follow by Email
Facebook
Twitter
YouTube
Instagram