【症例】大腸がん | 融合細胞治療

【症例】大腸がん

大腸がん 症例1

大腸癌
肺転移

マーカー推移

経過説明

2013/11月 腸閉塞
12月 下行結腸癌ステージⅢaと診断
腹腔鏡下手術
抗癌剤治療(カンプト)
2014/10月 リンパ節転移あり
手術:リンパ節切除
PET:腹膜播種みつかる
抗癌剤治療
2016/8月 融合細胞ワクチンの医療機関を受診
CT:変化なし
9月 融合細胞ワクチン投与開始
10月 融合細胞ワクチン3回目投与
抗癌剤副作用が少し軽くなったとの感想
融合細胞ワクチン4回目で一旦中止(一時停止)
IL-12単独投与を提案
11月 体調良好
12月 ほかの樹状細胞ワクチン投与
CT:変化なし
2017/1月 融合細胞ワクチン5回目から再開
2月 CT
ワクチン1クール終了
3月 PET:変化なし
9月 マーカー微増
抗癌剤変更(エルプラット)
副作用強いため、IL-12単独投与を隔週で提案
抗癌剤は投与量を減量して継続する
CT:肺転移
11月 CT:変更した抗癌剤効果なし
抗癌剤変更(カンプト・5FU・サイラムザ)
副作用軽減した
2018/1月 抗癌剤副作用のため中止(サイラムザを中止)
内服薬(カンプト)のみ継続
2月 融合細胞ワクチンは間隔をあけて投与し、その間はIL-12単独投与している

 

大腸がん 症例2

直腸癌 Ⅲa 50代 男性
リンパ節転移(3個)

マーカー推移

経過説明

2015/12月 人間ドッグで指摘
CT・内視鏡:直腸癌と診断
2016/1月 融合細胞ワクチンの医療機関受診
2月 手術:直腸切除・リンパ節郭清
3月 融合細胞ワクチンン1回目開始
抗癌剤治療開始(mFOLUFOX療法)
4月 抗癌剤の副作用軽度で助かっている
手のしびれも消失
5月 1クール終了
抗癌剤副作用:倦怠感あり
6月 IL-12単独投与開始
PET/CT:再発所見なし
7月 抗癌剤副作用:肝機能悪化のため中止
8月 CT:異常なし
11月 PET/CT:再発・転移認めず
体調良好・仕事している
12月 IL-12単独継続
PET:再発・転移認めず
2017/1月 ワクチン8回目投与
CT:異常なし
血液検査の異常なし
2月  体調良好・元気で仕事されている
現在 IL-12単独投与を中心に経過中

 

大腸がん 症例3

神経内分泌癌 ステージⅢb
上行結腸癌 ステージⅡa
鎖骨上・縦隔・腹部大動脈リンパ節転移

TB既往あり

マーカー推移

経過推移

10年来、下痢、便秘を繰り返す
2017/4月 貧血発作、下血
諸検査で右結腸癌
5月 腹腔鏡下右半結腸切除

抗癌剤は拒否

9月 CT:腹部大動脈・縦隔リンパ節転移
10月 融合細胞ワクチンの医療機関初診
11月 放射線治療 鎖骨上と上縦隔リンパ節
12月 融合細胞ワクチン開始

放射線治療 上腹部リンパ節

2018/2月  1クール終了

 

大腸がん 症例4

大腸癌(横行結腸癌) Ⅳ
転移性肝癌

マーカー推移

経過推移

2016/2月 がんと診断
3月 手術を受ける
5月 抗癌剤治療
6月 抗がん剤との併用で、融合細胞ワクチン治療開始
9月 肝転移部の縮小が見られる
10月  1クール終了
2017/3月 CT:肝転移部 全て消失
主治医より、免疫治療は続けたほうが良いといわれた
4月 抗癌剤継続中
7回目のワクチン投与終了
現在 今後は再発した時マーカー上昇した時にワクチン投与希望
主治医からは免疫治療をすすめられている

 

ページ上部へ戻る
Copied!