がん免疫治療の比較について

がん免疫治療法の比較

がん免疫治療法の原理は、がん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞(NK細胞)を試験管内で増殖させ患者に投与したり、傷害性T細胞(CTL細胞)を患者体内でがん抗原に特異的に活性化させて、自らの免疫システムによるがん攻撃を誘導する治療法です。

オプジーボはT細胞にがん細胞が仕掛けたブレーキを外す機能によって、CTL細胞にがんを殺す本来の仕事をやりやすい環境を提供し効果を生みます。オプジーボの成功により、CTL細胞の威力が証明されました。CTL細胞を活性化するためには、免疫系への抗原提示能が強い樹状細胞(DC細胞)が重要な役割を担っていることも分かっています。しかし、樹状細胞にがん細胞の情報を与える事は容易ではありません。なぜならば、がん細胞が常に抗原情報とその他の補助的因子を細胞表面に提示していてくれるとは限らないからです。

樹状細胞は細胞表面に出ているがん抗原のみを認識します。がん細胞は、一部のがん抗原を一時的に、細胞表面から隠し、細胞内のみに発現させることがあります。そのようなときはCTL細胞はがん細胞を攻撃できません。

そこで免疫細胞療法が有効であるためには、樹状細胞が多くのがん抗原を認識し、その情報をT細胞へ伝える必要があります。そうでなければ、誘導されたCTL細胞はがん細胞を見逃してしまう危険性が生じます。その問題を克服した治療法が、がん細胞と樹状細胞を細胞融合した融合細胞をワクチンとして利用する「融合細胞治療」なのです。

がん免疫療法を世代で分類したものが下図です。第5世代の免疫療法が私どもの「融合細胞治療」なのです。

もともと再生医療新法ができる前は、日本中に第3世代を提供する医療機関があふれていました。主にNK細胞など自然免疫系の細胞を用いたものです。現在では、第3世代を中心にしている医療機関は激減し、第4世代以降のT細胞を活性化させる免疫療法を中心にしているところが生き残っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください