「がんの疑いが非常に高い」です
がん治療

がん治療法が決まる前に知っておくべきがん治療の常識10ポイント

がん治療法が決まる前に患者が知っておくべきがん治療の常識   1.がんの疑い宣告はある日突然 がんの疑い宣告はある日突然やってきます。それは、皆さんが受ける色々な初期検査から始まります。それはどんな時かというと、つぎのような2つの場合が多いのではないでしょうか。 ひとつは、からだのどこかが調子が悪いので行ったクリニックや病院で受けた検査の結果として ➤➤➤

「がん免疫療法」を見分ける
ブログ

がん免疫治療の比較について

がん免疫治療法の比較 がん免疫治療法の原理は、がん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞(NK細胞)を試験管内で増殖させ患者に投与したり、傷害性T細胞(CTL細胞)を患者体内でがん抗原に特異的に活性化させて、自らの免疫システムによるがん攻撃を誘導する治療法でした。 そんながん免疫治療に新たなページを開いたオプジーボは、T細胞にがん細胞が仕掛けたブレーキを外す機能 ➤➤➤

news

医療ツーリズムに挑戦

医療ツーリズムに挑戦するために、2018年11月16-18日の日程で開催された北京でのメディカルツーリズム展に出展致しました。 当日は、大勢に方が『融合細胞治療』にご関心を頂き、所謂中国国内エージェントの方々とも数百枚の名刺交換をさせて頂きました。 今後、それらの方々の一部の方と、今後順次提携関係を築かせて頂ければと考えておりますが、現時点では中国国内のいず ➤➤➤

shacho

がん治療を検索する場合【社長ブログ#2】

がん治療を検索する場合 がんの治療について、普通の人が検索する場合、その真の目的が何なのか考えてみたことがありました。「胃がん 治療」とか「膵臓がん 治療」とか、そんな検索をする場合です。 単純にその癌の治療法について知りたい 単純に「その癌の治療法のことを知りたい」という文字通りの目的が、まず考えられますね。しかし、学校の宿題で調べる訳ではなく、ご自分やご ➤➤➤

shacho

ようこそ細胞治療へ【社長ブログ#1】

細胞治療のサイトへお越し頂き有難うございます はじめまして。株式会社細胞治療技術研究所の大久保です。 弊社は、分子生物学やがん免疫学の領域をもとにして、癌など難病治療の技術開発とその技術提供(ライセンシング)を行っている会社です。 昨今、がん治療の技術革新は、驚くべき変化を遂げています。 欧米の大手製薬会社の開発リストは、抗がん剤中心から免疫治療中心に完全に ➤➤➤

news

融合細胞治療のオーファンドラッグ指定は、過去日本企業がFDAから得た全22件の内の1件です

オーファンドラッグ オーファンドラッグとは、希少疾病用医薬品のことで、特定疾患などの薬物療法で必要性が高いのにもかかわらず、患者数が少ないため、製薬会社の採算が取れない処方箋医薬品を指す。(出典:Wikipedia) アメリカでは、1983年に「オーファンドラッグ法」が制定され、アメリカ食品医薬品局(FDA)は対象患者が20万人以下の医薬品をオーファンドラッ ➤➤➤