当社の戦略  
   

 
CyTIXの戦略
イムノオンコロジーの時代に入り、患者固有の癌抗原、つまりNEO ANTIGENをターゲットとして細胞傷害性T細胞ががん攻撃をするような免疫治療法の開発が、最も有望であるという考え方が中心的に議論されるようになってきました。当社が開発中のフュージョン細胞治療は、最もシンプルにこのコンセプトを実現する方法であると考えています。

当社は、患者固有のがん細胞に発現する癌抗原の全てについて特異的に活性化した細胞傷害性T細胞を作るというデザインコンセプトで治療用のワクチン開発に臨んできました。このため樹状細胞の抗原提示能力を最大限に引出すことが重要であると考え、その癌抗原提示をどうやってMHCクラスⅠで行わせるのかということを開発テーマとしました。その結果生まれたのが樹状細胞と腫瘍細胞を融合させたフュージョン細胞を作るというアイデアでした。

フュージョンにより二つの細胞が一つになりますが、出来たフュージョン細胞は親細胞のDNA情報を全てセルフとして引き継ぐという特徴があります。つまり樹状細胞と腫瘍細胞を融合させたフュージョン細胞は、親細胞である腫瘍細胞の持つ癌抗原をセルフと認識するのでMHCクラスⅠから提示出来るという画期的な抗原提示細胞であることが示されたのです。

当社は、この基本的な技術をプラットホームとして、多様な癌種に対する治療法開発につなげられると考えています。

© Copyright 2017 CyTIX Inc. All rights reserved.